スタッフブログ

2014年9月15日 月曜日

歯周病と喫煙について

喫煙者の特徴として
1.20〜30代で歯周病が早期に発現することがある。
2.急速に病変が進行する。
3.一般的な歯周病に対する応答が悪い。
などかあげられます。
その結果免疫機能に与える影響が最も考えられます。
喫煙者は非喫煙者と比べて歯周病(口腔)の治りも良くないばかりか全身の健康にも影響を及ぼすことが分かっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かきぬま歯科クリニック | 記事URL

かきぬま歯科クリニックNEWS

一覧を見る

2017/09/06

9月18日(月)、23日(土)は祝日の為、休診日となります。代わりに21日(木)は診療日となります。