覚王山 予防歯科TOP > 年代別の予防歯科

年代別の予防歯科

年代別の予防歯科

小児の予防歯科

「歯が痛い」とお子さんが言うと、保護者の方が本人を連れて来院されます。
そのため、お子さんの歯を治療する場合には、保護者の方にもいろいろお話を聞いたうえで最善の治療を行っていきます。
また、これから成長していくお子さんのために、小学生くらいの年齢であれば、保護者の方だけでなく本人にも正しいブラッシング方法の指導やアドバイ スを行います。
さらに、噛み応えのある食べ物をしっかり噛んで食べることで、高校生くらいまでは顎が広がることをお伝えしています。
顎が広がれば歯並びが 安定し、噛み合わせがよくなるもの。
ひいては、歯の健康につながります。

健康な歯を維持するには、幼少時からのしっかりした予防が重要です。
特に歯の生え変わり時期に当たる6歳~12歳ごろは、将来に向かっての歯並びにはとても重要な時期です。
床矯正であれば対応しています。

就学前後の小さいお子さまの予防歯科

毎日のブラッシングや手入れ方法、歯磨きにどうやって関心を持たせるかなど、お困りのことがあればご相談ください。
小学生以上であれば、本人に正しいブラッシング方法、歯間ブラシやフロスの使い方などの指導やアドバイスを行います。

10代の学生のみなさんへ

どんどん体が成長する10代は、将来の歯の健康のためにも大切なときです。
正しい歯磨き方法のほか、噛み応えのある食べ物をしっかり噛むことで、高校生くらいまでは顎が広がっていきます。
顎が広がれば歯並びが安定し、噛み合わせがよくなります。
ひいては、歯の健康につながるというわけです。
お友達と比べて見て前歯の形などが気になる、食べ物が上手く噛み切れないなど、気がつくことがあれば、おうちの方にお話をしてぜひご相談ください。

大人だからこその予防歯科

大人だからこその予防歯科 20代のあなたへ

高齢になれば歯周病が気になってきますが、実はその原因のいくつかは20代の口内トラブルと考えられることも多くあるのです。若年性の歯周病に悩まれている方も以前に比べ増えてきています。
20代のうちからかかりつけの歯科医院を見つけて定期的に歯の検診を受けること、また歯磨き指導を受けて正しい歯磨きを身に付けることがとても重要な年代です。

30代のあなたへ

30代になると仕事や育児が忙しく、なかなか歯科医院に足を向けられない方が多くなってきます。
当院では、お忙しい方でも気軽に来ていただけるように工夫をしています。
また月・水の午前中は、赤ちゃんや小さいお子さんの相手をする保育スタッフがおります。※他の日時でも事前にご連絡頂ければ対応致しますのでお気軽にご相談ください。

  • 夜8時まで診療(お仕事の帰りに便利)
  • 昼間は午後1時まで、午後は2時30分~8時まで診療(家事・育児の合間に便利)
  • 交通至便な立地
40代~50代のあなたへ

将来を考え、一般的な身体の変化にも気を配りたくなる時期です。
体力・免疫力の低下がお口の中に及び、予期しない症状が現れる場合があります。
運悪く、何らかのトラブルに見舞われた歯に対しては、当院では自由診療を選択肢のひとつに挙げています。
というのも、歯の神経を残すことを重視しているためです。
歯の神経を残せば歯に栄養が送り続けられ、それだけご自身の歯を維持できるようになります。
人体に馴染みやすいセラミック素材やゴールド素材、アレルギー性物質を出さない新しいバイオメタルを使用した自由診療で健康な歯を維持できます。

60代からの予防歯科

歯は一生使うもの。
健康が保てるということは、ご自身への自信にもなります。
80歳で20本の歯を残す「8020運動」は、大きな目標になると感じています。
当院の定期健診では、義歯の製作・調整や、お口の洗浄(口腔衛生指導)も行っています。

妊婦さんの予防歯科

妊婦さんの予防歯科

妊娠中の予防歯科をその後も続けていただくことで「一子は一歯を失う」といわれるリスクを少しでも減らしていただけます。
当院では、小さなお子さまの面倒をスタッフがみるようにしておりますので、診察中のお子さまの対応も心配ございません

  • つわりで歯ブラシを口の中に入れるだけで気分が悪くなり、お口のケアがおろそかになって歯垢をためやすい。
  • 歯周病の原因になる細菌の中には、妊娠中に分泌される女性ホルモンを栄養とするものがあり、歯周病の発症や悪化を招きやすい。

妊娠中の予防歯科をその後も続けていただくことで「一子は一歯を失う」といわれるリスクを少しでも減らしていただけます。
当院では、小さなお子さまの面倒をスタッフがみるようにしておりますので、診察中のお子さまの対応も心配ございません

出産後も大切な予防歯科

妊娠中の予防歯科をその後も続けていただくことで「一子は一歯を失う」といわれるリスクを少しでも減らしていただけます。
当院では、小さなお子さまの面倒をスタッフがみるようにしておりますので、診察中のお子さまの対応も心配ございません

かきぬま歯科クリニックNEWS

一覧を見る

2017/09/06

9月18日(月)、23日(土)は祝日の為、休診日となります。代わりに21日(木)は診療日となります。

2017/06/19

7月17日月曜日が祝日の為休診日となり代わりに20日の木曜日は診療日となります。

2017/06/20

7月24.25.26日は休診日とさせて頂きます。27日木曜日は診療日となります。よろしくお願いします。

2014/04/21

歯・口腔に関する健康コラムを更新しています。
よかったらこちらからご覧ください。
皆さんのお役に立てる内容だと思います。

2014/02/14

ホームページをリニューアルしました。