スタッフブログ

2014年1月10日 金曜日

知覚過敏って?

「冷水や冷気が歯にしみる!」そんなとき、多くの人は虫歯を疑います。しかし、実は虫歯ではなく「知覚過敏」である場合もあるのです。知覚過敏とは、何らかの原因で歯の「象牙質」が露出し、神経が刺激されやすくなっている状態のこと。象牙質は本来「エナメル質」や歯ぐきの下に隠されている部位で、刺激を神経に伝えてしまいやすいところなのです。

もともとは歯の表面に出ていないはずの象牙質がなぜ露出してしまうかというと、それには複数の原因が考えられます。

    ☑歯周病
    歯周病によって歯ぐきが下がったことで、その下にあった象牙質が露出した。

    ☑加齢
    老化現象によって歯茎が下がり、その下にあった象牙質が露出した。

    ☑外的な力
    間違った歯みがき方法によって歯茎を傷つけたり、エナメル質を傷つけたり、歯ぎしりなどによって歯がすり減ったりして、象牙質が露出した。もしくは、何らかの衝撃で歯にヒビが入り、象牙質まで冷水・冷気が届くようになった。

    上記のようなものが、主な原因です。治療法としては、フッ素塗布によるコーティングや、神経の摘出などが挙げられます。もしくは、レーザーによって象牙質表面を焼き、表面から神経まで刺激を伝える管(象牙細管)を閉鎖するという手段もあります。

    ともあれ「歯がしみる」という症状がある場合は、虫歯であろうと、知覚過敏であろうと、歯医者での診療が必要です。軽い治療で済ませるためにも、早めの受診を心がけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 かきぬま歯科クリニック

かきぬま歯科クリニックNEWS

一覧を見る

2017/06/19

7月17日月曜日が祝日の為休診日となり代わりに20日の木曜日は診療日となります。

2017/06/20

7月24.25.26日は休診日とさせて頂きます。27日木曜日は診療日となります。よろしくお願いします。

2014/04/21

歯・口腔に関する健康コラムを更新しています。
よかったらこちらからご覧ください。
皆さんのお役に立てる内容だと思います。

2014/02/14

ホームページをリニューアルしました。